中国、不動産投資が減速 リーマンショック以来の低水準 1~8月、3.5%増

中国国家統計局が13日発表した8月の主要経済指標によると、ことし1~8月の不動産開発投資は前年同期比3.5%増にとどまった。活況期には30%台の増加も珍しくなかったが、昨年から伸び率の縮小が続いている。リーマン・ショックの影響で落ち込んだ2009年1~2月(1.0%増)以来の低水準となった。

 中国の景気減速の大きな原因の一つとなっている投資の伸び悩みが収まっていない。

 住宅の新規着工面積が17.9%減と大幅に落ち込んだ。住宅販売面積は8.0%増と持ち直し始めているが、不動産業者は売れ残りの解消で精いっぱいとみられ、新規プロジェクト開発に慎重になっている。