中国での不動産投資、1~5月期はやや減速

中国国家統計局が13日発表した経済指標によると、1~5月期の不動産開発投資は前年同期比14.7%増と、1~4月期の16.4%増と比べ減速した。経済成長の鈍化から住宅販売が振るわなかった。政府の景気下支え策で、工業生産はやや持ち直した。

 不動産関連の指標は、1~5月期の住宅販売面積が9.2%減と前年割れだった。住宅が売れず、新規着工面積も21.6%減った。社会基盤の建設や企業の設備投資などを合わせた固定資産投資も、伸び率が縮小した。