中国の不動産デベロッパー向け融資、やや鈍化=人民銀行

[北京 22日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)の調査によると、不動産デベロッパー向けの銀行融資は6月末時点で、前年比20.9%増の4兆8800億元(7859億ドル)だった。

3月末時点の24.1%増から伸びがやや鈍化したが、融資額は高水準を維持した。政府は不動産市場を下支えするため、銀行に融資を促している。

住宅ローンは6月末時点で前年比17.8%増。3月末時点では17.6%増だった。住宅市場に回復の兆しが出ていることが浮き彫りとなった。