中国の不動産バブル、上海など大都市よりも中小都市が深刻

中国のエコノミストはこのほど、上海市など大都市の住宅価格の高騰が不動産市場の健全発展を阻害していると指摘した。ただ、上海などよりも中小都市の不動産バブルが深刻な状態にあると強調した。

エコノミストは、上海市などの住宅価格と平均収入で計算すると、価格が異常な数値まで上昇していることが明白であると指摘。ただ、上海市などの住宅購入者は富裕層が多いほか、頭金の割合が高いため、住宅ローン関連の不良資産が比較的に低いと強調された。

これとは対照的に、中小都市の住宅価格は収入に比べると合理的な範囲内にとどまっているものの、在庫水準が異常に高く、消化するには10年ぐらいかかるといわれている。また、政府が不良債権の急増を避けるため、価格の大幅調整を好まない。現時点では、中小都市における効率的な在庫解消策はまだ見えていない。