中国の不動産バブルが崩壊したら・・・かつての日本より深刻に=中国報道

中国の不動産バブルの崩壊を憂う中国の経済学者は少なくないが、中国メディアの和訊は27日付で、中国の不動産バブルが崩壊すれば、その結果は日本のかつてのバブル崩壊よりはるかに深刻な打撃を中国に与えると論じる記事を掲載した。

 記事は、多くの経済学者が「中国は日本のバブル崩壊の二の舞を演じることになるかもしれない」と考えていると説明し、現在の中国不動産市場は当時の日本の不動産バブルと類似点も多いと指摘した。

 その類似点の1つは「為替レートの上昇と不動産価格の上昇」であると指摘し、1985年のプラザ合意で円高となり、大量の投機マネーが日本に流入した結果、日本の不動産価格が上昇したのと同じように、中国も2005年の改革後、人民元はずっと上昇を続けており、国外の大量の投機マネーが中国に流入し、結果として国内の不動産価格は5-6倍以上、1級都市においては8-10倍にまで膨れ上がったと説明した。