中国の不動産市場は「曲がり角」か 「崩壊の可能性は低い」と投資銀行見解=中国メディア

中国国家統計局は18日、中国全土70都市の不動産価格の変動状況について報告を発表した。報告によれば、6月の新築不動産価格が前月比で下落した都市の数は55都市に達し、中古住宅の価格が前月比で下落した都市は52都市に達したことについて、中国メディアの一財網は「2011年1月の統計開始以来、下落した都市の数は最多となった」と伝えた。  

記事は、6月に不動産価格が上昇した都市は新築では8都市、中古では7都市にとどまったことを紹介、さらに上昇幅が新築不動産ではわずか0.2%、中古では0.1%であったことを伝えた。一方、下落幅は新築不動産で最大1.8%、中古では最大1.5%だったという。