中国の不動産王が主張 上海ディズニーランドはこの先20年利益出ず?

2016年5月22日、中国メディアの新浪は、中国の不動産王といわれる王健林(ワン・ジエンリン)氏が、上海ディズニーランドはこの先20年は利益が出ないとの見方を示したと伝えた。

大連万達グループを率いる王健林会長は、中国中央テレビの番組に出演し、万達がある限り上海ディズニーランドはこの先20年は利益を出せないだろうと主張した。

その理由について王会長は、ディズニーは同じように映画とテーマパークを手掛ける万達のことをライバル視してきたが、ディズニーはただの屋外ランドで、著作権製品で拡張してきたが、今はミッキーマウスやドナルドダックを見て喜ぶ時代ではなくなったと主張。万達がある限りディズニーランドはこの先20年は利益が出ないと予想した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。