中国の不動産贈与の免税、手続きを簡素化へ

中国で規定されている、親族などへの不動産の贈与時における免税措置について、国家税務総局は今後、その手続きを簡素化する見通しだという。中国国営新華社通信が伝えた。

 国税法によると現在、個人が配偶者、父母、子供、祖父母、孫、兄弟や、(親族以外の)扶養関係にある者に無償で不動産または土地使用権を贈与した場合、その双方に課せられる営業税と個人所得税が免除される。

 だが、2種類の免税手続きで必要な証明資料は異なるうえ、納税者は証明する方法が少なく、不便に感じるという。

 このため税務総局は、この2種類の免税手続きで必要な資料を一つにまとめた上で、離婚時の財産分与▽親族への無償贈与▽親族以外で扶養関係にある者への無償贈与▽遺産相続と遺贈-の4種類に分けて提出するように変更する。