中国の「不動産バブル」は、なぜ冷めないのか

中国経済では「不動産」に関する話題がいつだって注目の的だ。バブルはいつ崩壊するか。日本人の収入の数分の一しかないのに、普通の中国人はどういう手段で東京より何倍も高価なマンションを買うのか。本当に「自分の『持ち家』がなければ結婚できない」のだろうか……。

中国の不動産市場の中でも、とりわけ、世界的に注目を浴びているのが北京、上海や深圳(シンセン)のような大都市の集合住宅(中国の都市部に戸建て住宅はなく、ほぼすべてがマンション)価格のとめどない高騰ぶりだ。

たとえば私が最近聞いた話はこうだ。「2003年に北京で83万元で130平方メートルのマンションを買った。それが今や900万元(約1.5億円)にまで値上がりした」。その夫婦の年収はおよそ15万元。つまり、もし、自分たちの住んでいるマンションを今買おうとしたら、年収の60倍もの買い物になる。政府もいろいろと政策を打っているが、市民の購買意欲をなかなか沈静化できていない。

価格が高騰するのは、そこに需要があるからだ。なぜ、中国人は高いおカネを投じて、住宅を所有することに執着しているのか。なぜ、大都市でマンションを買わなければならないのか。今回、この問題をめぐる「中国のアンバランスさ」についてひもときたい。