中国機関投資家の海外不動産投資が増加、1位はロンドン=調査

[香港 30日 ロイター] – 中国機関投資家の海外不動産投資が伸びている。2014年上半期の投資額は全体で17%増の54億ドル、居住用物件投資の伸び率は84%に達した。

米国の総合不動産サービス大手、ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)が30日公表した調査結果で明らかになった。

最も投資を集めたのはロンドンで、投資額は23億ドルに達した。ロンドンは従来からインフラプロジェクトへの中国投資家誘致に熱心だったが、その効果が商業施設や居住用物件への投資に波及したとしている。

ロンドンに次いで投資額多かったのは、サンフランシスコ(5億4800万ドル)とシカゴ(3億6500万ドル)で、さらにシドニー、マドリードが続いた。マドリードでは不動産開発最大手の大連万達集団が、歴史的高層建築として知られる「エディフィシオ・エスパーニャ」を3億6100万ドルで地場銀大手のサンタンデール銀行 (SAN.MC: 株価, 企業情報, レポート)から購入している。