中国資本による対外不動産投資、シンガポールはアジアで2位の多さ

中国本土における不動産市況の冷え込みなどを受け、中国人投資家による対外不動産投資が増加しており、アジアに対する投資ではシンガポールは香港に次ぐ額だった。

不動産仲介の米クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドによると、豊富な資金、人民元の値上がりを背景に不動産開発業者、投資会社、資産家による国外不動産投資が盛んだ。