中国 不動産市場にも不透明感

信用不安が強まる中国で今度は不動産市場に不透明感が出ています。浙江省の不動産会社が3月、経営破綻し、住宅バブル崩壊への懸念が強まっています。
破綻したのはマンション開発などを手掛ける地元有名企業で負債総額は約580億円に上ります。昨年末に引き渡し予定だった高級物件は未完成のまま放置され、作業員への賃金も支払われていません。