事故物件をポケモンGO風に探せる不動産アプリ、香港から

不動産の事故物件情報を調べられるサイトといえば「大島てる」ですが、香港にも同じようなサービスができたみたいです。ただ大島てるとちょっと違うのは、それがポケモンGOにインスパイアされたアプリで、事故物件にスマホをかざすと事故情報が見られる、という仕様になってることです。

Motherboardによると、香港の不動産会社「Spacious」が事故物件データを1300件ほどデータベース化し、それをポケモンGO風アプリにしてしまいました。Spaciousのアプリを開いて事故物件に近づくと、「1LDK・45平方メートル」みたいな物件情報とともにオバケのアイコンが表示されます。アイコンをタップすると、そこでの「事故」がどんなものだったか、詳細が表示されます。たとえば2014年に女性ふたりが拷問の上殺害された「J Residence」の前では、「31階のイギリス人銀行員の部屋で、インドネシア人女性ふたりの遺体が発見されました」と表示、という具合です。