五輪の最高位スポンサー13社に 三井不動産が協賛契約

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と三井不動産は20日、都内で国内最高位スポンサー「ゴールドパートナー」の契約を締結した。契約業種は不動産開発。組織委は三つのランクに分けて国内の協賛企業を集めており、1社150億円以上を目標に設定した「ゴールド」は計13社となった。

 三井不動産は選手村を含む湾岸地区や明治神宮外苑地区の開発に携わっている。菰田社長は「スポーツや文化が浸透し、五輪が行われたという時の記憶を残す街づくりを進めたい」と話した。