五輪効果でREIT復調の兆し 開催決定、東証指数7.4%上昇

投資家から集めた資金でオフィスビルなどの不動産を取得し、賃料収入や売却益を分配するJ-REIT(不動産投資信託)。上場J-REIT全銘柄の値動きを示す東証REIT指数は、東京五輪開催決定直後の9~11日の3日間で約98ポイント(7.4%)上昇した。11日終値は7月16日以来、約2カ月ぶりに1400台を回復。