京都・無許可「民泊」 不動産会社も無許可営業か

東京の旅行会社が京都市内の賃貸マンションを許可なくホテルとして使っていたとされる事件で、マンションを管理する不動産会社も無許可営業をしていた疑いのあることがわかりました。

 この事件は、東京の旅行会社が京都市右京区の賃貸マンションを市の許可を得ずに中国人観光客にホテルとして提供していたとされるものです。

 京都府警は、今年7月から先月にかけて部屋の8割にあたる36室に観光客を宿泊させたとして、旅館業法違反の疑いで旅行会社の顧問などから事情を聴いています。