今度は英国の豪邸を爆買い、止まらない中国人の不動産購入意欲

2017年2月26日、中国紙・中国経営報は英国の豪邸の多くが中国人によって購入されていると伝えた。

中国人による英国での不動産爆買いは今に始まったことではないが、これまではロンドンの100万ポンド(約1億4000万円)ほどのマンションがよく売れていたのが、ここ2年は豪邸ともいえる超高級住宅が売れるようになっているという。

英国の開発業者であるWerner Capital社によると、最近販売された1億元(約16億円)を超える15軒の高級住宅のうち、4軒を中国人が購入したという。ほかはロシア人やインド人、米国人、英国人がこれらの住宅を購入したという。このような豪邸は、維持費だけで年間50万元(約800万円)かかる。