低金利時代、不動産投信「リート」が脚光

予想利回り、平均3.3%

 資産運用の手段として、不動産投資信託(リート、REIT)に注目が集まっている。日本銀行によるマイナス金利政策の導入により、預金や国債の利率が低下する中、相対的に高い利回りへの魅力が高まっているからだ。リートのポイントをまとめた。