商業用不動産投資、1-3月は東京が世界1位

米国の総合不動産サービス会社「ジョーンズラングラサール」(JLL、イリノイ州シカゴ)がまとめた投資分析レポートによると、2014年第1四半期(1-3月)の世界の商業用不動産投資額は、前年同期比26%増の1360億ドルとなりました。

日本の商業用不動産投資額は15%増の122億ドル、円建てでは28.5%増の1兆2540億円に拡大。都市別投資額では東京がロンドン、ニューヨークを抑えて1位となりました。通年の世界商業用不動産投資額の見通しは6500億ドル。