国土交通省の「大街区化」で街が変わる!?

国土交通省は4月8日、「大街区化推進ガイドライン」を発表しました。「大街区」とは戦後細分化された街をひとまとめにした「大街区」に再編することで土地の有効利用や高度利用の実現を図るもの。とくに大都市の国際競争力の強化や地方都市の再生に向けて期待されています。

大街区化の実施にあたっては、公共施設を変更することによる公益性の実現や、創出される大街区に対応した適切な公共施設計画など、詳細な検討が必要な課題が多いとされています。しかし参考となるこれまでの実施事例も少なかったことから、このたび同省が「大街区化ガイドライン」をとりまとめました。