外国人のベトナム不動産投資が解禁

外国人によるベトナム不動産投資が可能になった。
7月1日、同国で改正住宅法が施行され、これまで制限されていた外国人の不動産所有が一部緩和された。
これにより、ベトナムの入国許可を持つ外国企業や外国人は集合住宅1棟のうち30%まで、戸建ては1つの町村で250戸までなら所有でき、賃貸も可能になった。
所有権は50年間で、さらに50年更新できる。