大和、医療・介護施設向け不動産投信 来秋めどに上場

 大和証券グループ本社は投資会社のエイ・アイ・ピー・ジャパン(AIPジャパン)と組み、有料老人ホームなどに投資するヘルスケア専門の不動産投資信託(REIT)に参入する。資産規模は300億~500億円を見込み、来年秋をめどに東京証券取引所への上場を目指す。政府は今後、同分野専門のREITを解禁する見通しで、三井住友銀行などが準備している。