大宮、人気伸び盛り 追う浦和は「ブランド力」強調

さいたま・大宮が新たな「北の玄関口」として注目を集めている。来春にはJRの上野東京ラインや北陸新幹線が開業し、交通の便がさらに良くなる。駅前の商業ビルは空室待ちの入居希望者が列をなし、住宅地としての人気も急上昇。積年のライバル、浦和は「ブランド力はこちらの方が上だ」と強調する。

■交通要所、オフィス・住宅に続々

 大宮駅西口から3分。14階建て商業ビルの1階に玩具大手タカラトミー(東京)が昨春、開いた鉄道模型のショールーム「トミックスワールド」には、全国から客がやってくる。お目当ては、ここでしか手に入らないNゲージの限定品。鉄道ファンの聖地、鉄道博物館にも近い。