好調な米不動産株、これから買うには遅過ぎる

米ゴールドマン・サックス・グループによれば、不動産株は数年前なら買い時だったが、今は投資家にとってリスクが大き過ぎる。

  S&P500種株価指数では今月末、金融セクターから不動産銘柄が分離され、新たに不動産セクターが設けられる。ゴールドマンのデービッド・コスティン氏らアナリストはリポートで、不動産株は年初来ではS&P500種全体を上回る運用成績となっているが、多くの課題を抱えており、出遅れた投資家には勧めないと説明している。

  「不動産株は年初来でS&P500種を156ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回っている。これが不動産セクターをアンダーウエートとしている大型株ミューチュアルファンドのリターンを損ねてきた」とリポートで指摘。中核的な大型株ファンドマネジャーの半数近くが不動産ファンドへのエクスポージャーをゼロにしていると付け加えた。