市場飽和で注目! 知られざる[高齢者向け]不動産の実力とは?

多様化する不動産業界、オーナーの次なる戦略とは!?

 空室率の増加やニーズの多様化により、不動産オーナーに求められる戦略も変化してきている。シェアハウスが可能な物件はもちろんのこと、DIYが可能な物件、民泊可能な物件など既存の賃貸では難しかった条件も可能な物件も登場。こういった不動産の多様化には、儲かるからというよりも、「多様化させないともはや儲からない」というオーナー側の苦労が見て取れる。

 今回、新卒で入社した不動産仲介会社を25歳の若さで退職、65歳以上の老人専用不動産「R65不動産」をたった1人で立ち上げた山本遼代表を取材し、不動産オーナーの新たな戦略について伺った。

記事参照元:
http://hbol.jp/110366