投資用区分マンションの表面利回り9.3%、過去最低に

ファーストロジックは3月11日、同社が運営する不動産投資サイト「楽待」の「投資用 市場動向データ 最新版2014年2月期分」の調査結果を発表した。

レポートによると新規に掲載された一棟アパートの表面利回りは前月より0.06ポイント上昇の10.35%。しかしながら、問い合わせ物件の表面利回りは11.94%と、0.27ポイント下落した。

一棟アパートの価格は前月に比べ165万円の下落となり、6,229万円。問い合わせ物件の価格も5,083万円と、399万円下落している。