新興国の成長に期待する 海外不動産投資の実像!

ベトナムの不動産が今、個人投資家の注目を集めている。今年7月1日に改正住宅法が施行され、外国人による不動産の保有が可能になったのだ。

 2014年時点で約9250万人とASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口大国で、平均年齢は約30才と若い。今後、人口と所得の増加に伴って不動産需要が高まるのは間違いない。

「リーマンショック後に一時ハイパーインフレが発生して、建築コストが上がり不動産開発が止まった。14年にようやく物価、為替が安定してきた一方、タイ・バンコクなどは物件価格が上がってきたので、割安感のあるホーチミン(ベトナム最大の商業都市)に投資家の目が向き始めた」と不動産サービス大手CBREの小林晋也シニアコンサルタントは解説する。まさにそのタイミングで、外国人の不動産保有が解禁されたというわけだ。