新設住宅着工戸数、3月は19ヶ月ぶりに減

4月30日、国土交通省が発表した「建築着工統計調査報告」によれば、3月の新設住宅着工戸数は前年同月比2.9%ダウンの6万9411戸であったことが分かりました。1年7ヶ月ぶりの減少でした。これは4月に実施された消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減による影響とみられ、持ち家と分譲住宅の着工戸数がマイナスとなりました。