日本の不動産が値上がりしない理由

日経新聞によると2015年の不動産向け融資は26年ぶりに多い10.6兆円だったそうです。26年前のピークが1989年の10.4兆円だったそうですからその当時から不動産事業にどっぷり浸かってきた者にとって懐かしさと共に「違い」も感じています。それは不動産価格の上昇であります。当時は毎週価格が上がったのに今は「買った瞬間から下がり始めると思え」とも言われています。まるで自動車の価値と同じですがこの世界、何か違和感を感じないわけにはいきません。

日本は戦後、持ち家率を高めるため、様々な持ち家政策を施してきました。その結果、78年には59.9%とほぼ、持ち家率としては先進国並の裕福な水準に達しました。持ち家比率は持てない人、賃貸を好む人など様々な理由により主要国は大体60%台を維持するようになっています。日本も88年の持ち家率が61.1%で2013年が61.6%とほとんど変わらないのは既に持ち家率は頭打ちの状態になっているということであります。

日本の住宅の真の実需がどれくらいか類推してみます。2000年と2014年で世帯数はざっくり4550万世帯から5050万世帯に増えています。つまり、500万世帯増ですからこの6割が持ち家をすると計算すれば14年で300万戸、つまり年間では20万戸強しか新規需要はありません。残りは買い替え需要であり、それが結局空き家を生み出すことに繋がってしまうのです。