日本人超富裕層は世界屈指の海外不動産投資家

日本の資産3000万ドル以上の超富裕層の不動産投資額総額は約6210億ドルに上ることが、英不動産調査会社などのレポート結果で明らかになった。また、失われた20年以降で海外不動産投資も積極的に行っていることも判明している。

 これは、英不動産調査会社サヴィルズ、英不動産デベロッパーのキャンディ&キャンディ、ドイツ証券による調査レポートの結果で明らかになったもの。