日本株上昇、内需選好と業績評価-不動産や建設、水産に買い

(ブルームバーグ):5日の東京株式相場は上昇。米国や中国など海外に対する国内の景気、企業業績の堅調さを評価する動きが広がり、不動産や建設株が高い。四半期決算で最終利益の進捗(しんちょく)率が高かった日本水産 、営業増益を確保した住設機器のリンナイ が急騰し、水産・農林と金属製品は業種別上昇率の1、2位に並んだ。

TOPIX の終値は前日比6.02ポイント(0.4%)高の1665.85と6日続伸、日経平均株価 は93円70銭(0.5%)高の2万614円6銭と3営業日ぶりに反発した。