日生、不動産投信への参入発表 優良物件への投資拡大

日本生命保険は2日、私募の不動産投資信託(REIT)を組成する子会社を設立したと正式に発表した。保有物件の一部をREITに売却し、優良物件への投資を増やす。2016年度上期中の運用開始をめざす。

 運用開始1年で1000億円、中長期的には国内最大となる3000億円規模をめざす。設立した新会社には日生が9割、大林組が1割出資し、年金基金や銀行から運用資金を集める。