日系企業最大規模の都市開発に、三井不動産がロンドンで複合再開発事業に参画

三井不動産が、英国子会社Mitsui Fudosan UKを通じて、ロンドン市ウエストエンドから西に約6kmに位置する大規模複合再開発事業「(仮称)ホワイトシティプレイス再開発計画」に参画する。メディアやファッション産業等のテナントを誘致するプロジェクトで、ロンドンにおける日系企業の都市開発としては最大規模となる。完成は2017~18年で、総事業費は約4,000億円。

 「(仮称)ホワイトシティプレイス再開発計画」は、同社グループが英国の公共放送局BBCより取得し、新築ビルの建築および既存ビルの改修などを行うプロジェクト。