東京カンテイ、三大都市圏・主要都市別の中古マンション価格月別推移を発表

東京都の連続上昇が7カ月でストップ
株式会社東京カンテイは12月18日、三大都市圏・主要都市別の中古マンション70m平米価格月別推移を発表した。発表されたデータは東京カンテイのデータベースに登録された中古マンションの売り希望価格を70m平米に換算した数値で、集計対象はファミリータイプのみ(専有面積30m平米未満の住戸、事務所・店舗用は除く)となっている。
 
それによると、2013年11月の三大都市圏の中古マンション価格は首都圏・近畿圏・中部圏の全てにおいて前月よりも上昇する結果となった。
 
首都圏(前月比+0.1%の2,823万円)は先月に引き続いての上昇で、都・県別に見ると東京都(-0.1%)と神奈川県(-0.1%)が先月より下落し、埼玉県(+0.5%)と千葉県(+2.2%)が先月より上昇した。
 
東京都は11月に下落したことにより、連続上昇は7カ月でストップする形となったが、直近3カ月の前年同月との比較では全て上昇している。
 
近畿圏は前月比+0.1%の1,819万円で、3カ月連続の上昇となる。中部圏は先月とは逆に上昇に転じ、前月比+0.8%の1,482万円となった。