東京・大阪都心部の不動産市場を中国マネーが席巻している理由

9月中旬、中国・上海にある高級ホテル「シャングリラホテル」のミーティングルームで行なわれた投資セミナー。集まった40人ほどの参加者は壇上の不動産仲介業者CEOのスピーチに熱心に聞き入っていた。

 投資対象は不動産バブルに沸く上海や香港ではない。東京や大阪などの日本の大都市だ。

 配付資料によると、その日の説明会では「日本の不動産投資のメリット」や「具体的な不動産購入方法」、「所得税の支払い方」だけでなく、「安倍経済学(アベノミクス)」や「為替の推移」について細かく説明が加えられた。

〈人民元が日本円に対して大きく値上がりしている。3000万円のマンションであれば、12年1月に250万元もしたのに、14年1月には176.5万元まで下がった〉(資料より)