東京五輪で注目される民泊 ホストが「通報」されるリスクも

熱戦の続いたリオ五輪を見て、私も参加したい! と思った人も少なくないのでは。五輪を身近に感じて、より楽しむ方法を教えます。

*  *  *
 15年、日本を訪れた外国人は、過去最高の1974万人(観光庁)に到達した。五輪に向け、まだ伸びると見られる。都内主要18ホテルの稼働率は、8割を超える状況(日本経済新聞 7月16日付)が続いている。

 ホテルが足りない。4年後はどうするのか。注目されるのが民泊だ。あまった部屋、一軒家──そんな物件を持つ個人と、旅行者をマッチングするITサービス「エアビーアンドビー(以下エアビ)」が、13年の日本上陸後、物件登録者(=ホスト)は急増。部屋さえあれば、SNSを始めるのと同じぐらい登録は簡単で、副収入も得ることができる(都心相場は1泊1万円前後)ときている。