東京23区のオフィスビル供給動向を調査(14年度)、森トラスト株式会社

森トラスト株式会社は、86年から東京23区の大規模オフィスビルと、昨年からは中規模オフィスビルの供給動向について調査を行っており、最新の調査結果発表しました。

13年の供給量は66万平方メートルとなり、過去20年の平均を大幅に下回りました。その一方で、14年の供給量は93万平方メートルまで戻ると考えられており、17年までは年間110万平方メートル前後の供給が続いています。