欧州大手証券、不動産への融資姿勢はこれ以上の緩和へ向かわない可能性が出てきたと指摘

クレディ・スイス証券の不動産セクターのリポートでは、日銀短観で不動産業(全規模)の貸出態度DIが12年9月以来、12四半期ぶりに悪化したことを受け、不動産デベロッパー、J-REITへのヒアリングでは良好な融資環境が続いているものの、融資姿勢はこれ以上の緩和へ向かわない可能性が出てきたと指摘。