民泊サービス解禁でウチのマンションはどうなる?

民泊サービスが解禁される可能性が高まってきた。サービスが解禁されると、持っている空きマンションを活用できるようになるのか。あるいは自宅のマンションに見知らぬ人が出入りするようになるのだろうか。
原則として旅館業法の許可が必要になる

民泊サービスとは自宅の一部や空き家などを活用して、旅行者などに宿泊サービスを提供すること。急増する訪日外国人観光客の宿泊先確保や、同じく増え続ける空き家対策としての活用が期待されているところだ。

ただし、今すぐ民泊サービスを始めようと思ってもハードルが高い。まず、原則として旅館業法の許可を得る必要がある。規制の内容が2016年4月に緩和され、宿泊者数が10人未満の場合はフロントを設置しなくてよいことになったが、そもそも建築基準法上の用途地域が住居専用地域の場合は原則として旅館業を営むことができないのだ。