海外投資先 人口増加中の米国の株式と不動産が有望と専門家

政府・日銀はインフレ政策へと舵を切っており、資産価格の上昇が期待されている。その反面、物価上昇に賃金上昇が追いつかなければ、どれだけ真面目に働いても生活は苦しくなる一方だ。そうした中で資産運用をするには、どういった点に注目をすればよいのか。家計の見直し相談センター・藤川太氏が解説する。

 * * *
 資産運用によって得られる利益の源泉は、実は2つしかありません。ひとつが、どう考えても割安に放置されているような相場のひずみを見つけ出してリターンを狙うやり方。ただし、これはどちらかといえば短期的な投資で、値動きの幅がどうしても大きくなるため、リスクを伴います。