清潔で美しい日本に不動産を持つことは「悪い選択ではない」=中国

中国人女性が結婚相手の男性に求める重要な条件の1つに「家を所有しているかどうか」というものがある。これは家が生活の安心感の源であるという中国人の伝統的な考え方に基づくものだが、中国メディアの蘇南新聞が12日付で掲載した記事は、日本の不動産を購入することには、中国の不動産購入よりも魅力的な点があるとして、そのいくつかの点を紹介している。

 記事は北京市や上海市、深セン市、広州市などの不動産は、多くの中国人にとって高すぎて購入できないだけでなく、決して理想的な居住環境だとは言えないと指摘。一方で、多くの中国人が近年、「清潔で美しい国である日本に目を向けている」と伝え、日本の不動産には中国にはない魅力があると主張した。

 日本の不動産の魅力について、記事はまず日本の不動産投資の利回りが4-8%ほども見込めることを伝え、中国での不動産投資よりも「はるかに高い」と指摘。また、2020年の東京五輪という要素が不動産価格を上昇させていると説明し、日本の不動産投資では利益が十分に見込めるとの見方を示した。