無許可でマンション「民泊」=容疑で不動産業者ら書類送検

宿泊施設としての許可がないのに、住宅の空き部屋に外国人観光客を宿泊させる「民泊」を営んだとして、警視庁下谷署は13日、旅館業法違反(無許可経営)容疑で、不動産会社「ピクセルカンパニーズ」(東京都港区)社長と関連会社の社員ら計6人、法人としての2社を書類送検した。社長らは容疑を認めているが、「民泊はグレーゾーンと聞いていた」と話しているという。
 送検容疑は5月1~21日、台東区のマンションの部屋に、無許可で外国人観光客4人を1泊4000円で宿泊させた疑い。
 同署によると、同社は昨年6月以降、インターネットの仲介サイトで客を募り、延べ約1300人を無許可で宿泊させ、計約1320万円を売り上げていたとみられている。