独不動産価格、再び力強く上昇する見通し=銀行協会

独ファンドブリーフ銀行協会(VDP)は8日、国内不動産価格は向こう数年で再び力強く上昇するとの予想を示した。

VDPのプレジデント、ヤン・ベティンク氏は、特に大都市で住宅のほか商業用不動産に対する継続的な需要が見られるとし、「現時点でもある程度の勢いはあり、価格の上昇トレンドは継続する」と述べた。

ただ銀行は過度の融資を行っていないため、不動産バブル発生の兆しは出ていないとしている。