突然の変調、中国の不動産買いあさりにブレーキ-世界の市場揺らす

中国が資本流出規制を強化していることで、世界の不動産市場が揺れている。

  ロンドンでは3カ月前に市内の最高層タワーマンションの部屋の購入を強く求めた中国人が、今では頭金の口座振替に苦労している。不動産会社ケラー・ウィリアムズ・リアルティーによると、米シリコンバレーでは物件に関する中国からの問い合わせが年明けから急減。オーストラリアのシドニーでも中国の買い手が撤退して開発業者が「大きな問題」に直面していると、コンサルティング会社ベーシス・ポイントが報告している。