若い世代ほど中古物件に抵抗がない!?

オウチーノ総研は昨年12月、「日本人の住宅意識」についての調査結果を発表した。それによると「新築にこだわる」と回答したのは54.7%(前年51.0%)、「どちらにもこだわらない」は42.1%(前年43,8%)となった。

ちなみに先ほどの質問で「中古にこだわる」と回答した人は3.2%だったが、年代別にみると「新築にこだわる」と回答した人は30代が54.5%、40代が54.1%、50代が57.8%、60代が65.9%となり、年代が高くなるにつれて新築にこだわりが強いことが分かる。

若い年代ほど、新築か中古かにこだわらない。この傾向は「どちらにもこだわりがない」と回答した人が20歳代では56.1%と半数以上になっていることからも分かる。