路上の「捨て看板」の不動産広告物件は買っても大丈夫か

街を歩いていると、電柱や街路樹、ガードレールなどに貼り付けられた「○○駅から徒歩△分」「3LDK ××××万円」などといった不動産広告を見かけることがある。不動産は一生の買い物なだけに、しっかりとした業者と付き合いたいものだが、ああいった“捨て看板”を出している業者の物件を買っても大丈夫なのだろうか? 宅地建物取引士資格試験講師の佐伯竜氏が解説する。

「住宅街で電柱や街路樹に貼り付けられた不動産広告を見たことがあるかと思います。こういった形で掲示されている広告は違法であることが多いです。

 まず、電柱や街路樹に勝手に貼り付けている広告方法が、違法にあたる可能性が高いです。こういった屋外広告物については、屋外広告物法・条例で規制され、違法にあたるケースが多いです。