都内へ「通勤しやすい駅」ベスト5 不動産のプロが選出

毎日通勤するたびに、「なんでこんなに電車が混むのだろう、また遅れている……」と感じるサラリーマンの方は多いと思う。もしこれが住まいを変えることによって少しでも快適に通勤できるのであれば、そうしたいと思う方々も少なからずいるのではないだろうか。

マクロミルが2016年9月30日〜10月1日にインターネットを使い、東京、大阪の通勤通学者2000人に尋ねた電車での通勤通学事情を紹介しよう。調査によれば、東京、大阪の半数以上の通勤通学者が片道1時間以上かけて職場や学校に向かっていること、そのうちの4人に1人が手足は動かせるが身体の位置が動かせない程度の混雑レベルを経験し、そして95%の人が通勤電車にストレスを感じているとのことだ。

筆者も、過去色々な街から路線を使って都心に通勤通学した経験があり、毎日その繰り返しに何とかならないものかと考えた。その結果、座って通うことを一番に考え、始発駅の周辺で自宅を探した経験がある。一度座って通勤をしてしまうと、こんな楽なことはなく、通勤の苦労が半減したと感じている。