2014年12月の第3次産業活動指数、不動産業は0.8%上昇

経済産業省は2月10日、第3次産業活動指数を発表した。不動産業は前月比0.8%上昇した。マンション分譲業が30.1%上昇と好調だったことが寄与した。首都圏での動きが活発だっため。ただ、今後も堅調に推移するかは不透明感があるという。