2014年の不動産投資の動向を占うJ-REITの伸び

昨年はJ-REIT(不動産投資信託)上場が件数、金額とも7年ぶりに高水準となった(トムソン・ロイターDealWatch)。

2013年のJ-REITは6件が上場、金額は4524億円と06年(12件、6763億円)以来の高水準になっている。すでに上場しているREITの増資も、01年に市場が創設されてから最大となる37件(7475億円)となった。

中でも話題になったのが過去最大のJ-REIT上場となった野村不動産マスターファンド投資法人(3285、1751億円)。7月に物流・商業施設特化型のファンドとして登場した。