3月の首都圏マンションの市場動向、発売戸数は前年同月比で減少

(株)不動産経済研究所は15日、2014年3月の首都圏マンション市場動向を発表しました。それによると同月の発売は4,641戸と前年同月比9.7%減となりましたが、前月比では75.1%増となりました。また月間契約率は79.8%で前年同月比2.3ポイント下落、前月比0.8ポイントダウンでした。

1戸当たりの平均価格は5,215万円(前年同月比8.5%増)、1平方メートル当たり単価は73万円(同8.6%増)となり、物件価格は上昇傾向が明らかになりました。2014年2月は5,064万円、70,8万円であったので、前月比総額では151万円(3.0%)のアップ、1平方メートル単価は2.2万円(3.1%)アップしています。